Bohemian Rhapsody

0

    Bohemian Rhapsody

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    やっと書けるブログ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    とにかく一言でいうと、心が揺さぶられっぱなしの映画だったな。

     

     

     

     

     

     

     

    みんなは感動をしたなどというけれど、私はとにかくとっても楽しかった作品だった。

    音楽の力、オリジナル音源が使われていて、ライヴさながらの臨場感で盛り上がれたということ。

    なかなか伝わらないけど、ピアノの下をカメラが通るシーンがあるのだが、きちんとピアノの下を通った時の音の繊細な変わり方までリアルに描かれていたので、きちんと作られていることにアガり感動した次第です。(笑)

     

    これまでQueen自体、曲は知ってても「いい曲だな」くらいでしかなかったし、歌詞も全く知らなかった私は、曲の意味、

    独自のサウンド作りを見ることができて、得した気分というか物作りの魂が気持ち良かったし、楽しかった。

    私もそういう気持ちで、お店も作ってるし、いつかいつかと思って、世界観を伝えていけたらと思っているから…
    クイーンのコーラスの録音方法については、最上パートはテイラーが担当することが多いと言うことがわかったのも、意外性のあったひとつ。特にオペラ風コーラスに際しては、マルチトラックテープが摺り減りテープのベース部分が透けるほど繰り返しコーラス部分のダビングを行った経緯が細かく説明されていたんだけど、こうやってあーでもないこーでもないってやっていくんだと。

     

    私もそう、従業員は迷惑なこともあるけど、きっちり納得がいくまで仕上げたい。

    納得がいくまで、OKは出せない。

    でも、そういう小さな部分をこだわって積み重ねていくことで、きっと人を惹きつける何かに変わるのではないかなと思わされるのである。

    そしてここまでは、あくまでRock好きの音楽ラヴァーとしての目線。

     

    全体的にいうと、フレディを通して移民、LGBT、容姿による差別、マイノリティの苦悩を色濃く描き出していると思う。

    昔は、フレディのことを犁せち悪いおじさん”くらいで思っていたにも関わらず、彼の感性に時代と自分が追いついたのか、素晴らしいアーティストだと痛感させられ、エイズを告白して挑んだライブエイドのラストシーンは、一緒になって緊張している自分がいた、、

    とにかく魂を込めて、人を大切にしていくこと、自分の才能を通して人を助けるということ。

     

    今の社会の若い子たちには、ちょっと欠けてる一面なんだと思う。

    魂を持って愛し、自分を信じて貫くこと。。

     

     

    これで最後にしたい、書きたいこと!!(笑)
    前半に彼女の勤め先であるブティックを訪れる場面、フィッティングでのあのシーン。

    見立ててもらったフレディが、新しい洋服をまとって自信が湧くあの感じ、それを見立てる彼女の嬉しそうな顔。

    あの時のその気持ち、わかるよ〜ってなりました。

    《服は人を作る》と言います、

    結局衣装を纏えば、自信が湧くんです。

     

    服屋さんをしてて、やっぱり幸せだと思ったシーンでした。

    最高です、映画が終わったらパーマをかけたくなり、明日は、ぴたぴたの服に大きめのメガネをしよう!と思っていたのです。

    (それぞれのファッションもヘアスタイルも超絶今の気分でした)

     

     

     

    これを読んで、一度見た人はもう一回観てみて欲しいし、Queenを知らない人も是非!!

    まだ観ていない人は、是非、劇場で観て欲しい映画です。

    これはお家で観るより、絶対に映画館で観ることをお勧めします。

    様々な感じ方があるかと思いますが、自分の道をひたすら貫くQueen だったからこそ、大成功を収めたのでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    We are the Champion my friends....

     

     

     

     

    愛と勇気を持って…

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    remixstore.jp

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    profile

    categories

    links

    search this site.

    others