brand-new !

0

    A brand new month has just started....

     

     

     

     

     

     

    I wanna jump high like this... It's May!
    Have an awesome day everyone!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新しい1ヶ月の始まり...

     

     

     

     

     

    こんな風に高くジャンプしてみたいな... 5月ですね!
    皆さんが素晴らしい一日を迎えられますように...

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    remixstore.jp

     

     

     

     

     


    GW start.....

    0

      Spring Summer...

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      GW突入しましたね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      春を越して、夏さえも感じる今日この頃…

      気分を変えたい。

       

      なので10年以上前のモノでも、今の“好き”にカチッとはまってて、自分の“好き”はあまり変わらないんだな。なんて思ったりします。

       

      でも、昔よりずっと視野も広くなってきていて

      より ファッションが楽しくて 柔軟になって多様になったなと。

       

       

       

       

      ずっとこんな感じで、セレクトもしていけたらな。って思っています。

       

       

       

       

       

       

       

      素敵なGWを………

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       



      remixstore.jp

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      Instagram follow me !

      0

        Instagram follow me !

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ブログももちろん書きます。

        ですが、インスタグラムも活用中です。

         

        最近storyも頻繁に新作をupしていますので、よかったらfollowしてください。

         

        REMIX.store Instagram

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        また、私のインスタグラムも完全プライベートですがupしております。

        家のインテリアや雑貨、私服をもっと公開していこうと思っています。

        良かったら、ぜひ。

         

         

        Buyer Instagram

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         



        remixstore.jp

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        Hat Hat Hat !

        0

          Summer tim !!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          そろそろ、夏ハットのご準備を…♥

           

           

          こちらに載っていない帽子も沢山入荷しております。

           

           

           

           

           

           

           

           

           




          remixstore.jp

           

           

           


          Fashion !!!

          0

            Fashion!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            おはようございます。

            今日は経理業務に追われる、私。

            (急がしいのに、ネットサーフィンを朝からしてしまい……)

             

             

            Londonのファッションウィークで、カワイ子ちゃんと目が合ってしまったのでBlog投稿。

             

             

             

             

            ここ数年、トレンドのオフショルダールック……

            今年は、こんな感じでプリントTを重ねたい。

            Blogは、SNSでは語れない個人的なメモのようなもの……

             

             

             

             

            ここではやっぱり毎回気持ちをハッとされる。

             

             

             

             

             

            ファッションの「何」が好きなのかを思い出させてくれるから。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             




            remixstore.jp

             

             

             


            Too sad...

            0

               Too sad....

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              誰かと出逢うことは、誰かと別れることであり

              何かを選ぶことは、何かを失うことであり、

              何かを得れば人は何かを失い、

               

              変わらないことなどないこの世界で、変わらないモノを探していたりする。

               

               

               

               

              彼とは12年前に出逢って、仕事を通してお世話になりました。

              12年前より12歳を年を取った私は、やっぱり12年前とは違っていて、

              強くなったのか弱くなったのか、賢くなったのか馬鹿になったのか 分からない。

               

               

               

              でも経験が価値観を変えることがあるということが何となく分かった。

               

               

               

               

              こんな私を大阪にいるにもかかわらず、いつも支えてくれてプライベートまでも とてもお世話になった担当者が、この6月に退社してしまうというのだ……

               

               

              この十数年、本当に色々あったんだが

              私が「もう無理かもしれない」と、くじけそうになった時も「頑張って下さい!!」と 家に着くまでずっと話を聞いて応援してくれて、不安なときにも「高岩さんだったら大丈夫ですわ!」って、あの笑顔で後押ししてくれたり

              しょうもない喧嘩の仲裁にも入ってくれて

              客注や追加も、いつも全力で力になってくれる人……

               

              私より全然年上で、全然大人なのに、いつも熱弁してくれて、凄い包容力で助けて頂きました。

              彼の第二の人生の門出を祝って

              今度は自分が背中を押してあげなきゃいけないのに、

               

               

              どうしても、辛い……

               

               

               

               

              いつかこんな日が来ると分かっていて、覚悟も少し前からしていたはずなのに、やっぱり駄目だ。

               

              いつも「頑張って下さい」ってあの笑顔で後押ししてくれたから、私もこうやって頑張ってこれたはずなのに、自分はなぜ出来ないんだろうと思う。。難しいな……

              まだまだ一緒に仕事がしたい。まだまだ色んな話がしたい。

               

               

               

              寂しいすぎる……

              本当に 本当に こんなに自分が辛くなるとは、思ってもみなかったな…

               

              私は、彼に

              本当に 支えられてたんだと思う。

               

               

              これが、彼が選んだタイミングなんだろうな……

              あぁああぁぁぁあぁぁぁぁあああああああ

               

              辛い。

               

              ワタシッテ、マジコドモ。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              remixstore.jp

               

               

               


              SAKURA

              0

                SAKURA

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                遠くにいる大切なひとを、元気にしてあげたい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                慣れない環境にとても疲れていて、足元の小さな幸せも見えなくなっていて。

                 

                私ができることなんて限られてるけど、

                言ってくれたら飛んで行くから、

                 

                 

                一人で無理しないでね。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 



                remixstore.jp

                 

                 


                Fashion magazines

                0
                  Fashion magazines

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ファッション雑誌の意味を考える……

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  最近、雑誌を読まなくなった人が多いな、って思う。

                  それは すごく残念なこと……

                   

                   

                  それは 日々の忙しさ故なのか、“欲しいもの”が確立されてしまったからなのか……

                  私は昔から、雑誌が大好きで、洋服を買うお金がなくても雑誌は立ち読みしてでも見ていました。

                  最近はスマートフォンの普及が急激に増えたため、SNSやネットで色んな情報が溢れているので、そこで大体のトレンドが読み込めていて、自分が興味がある人だけをフォローしてチェックして、トレンドの中にいるような気になっている人が多いのだと思います。

                   

                   

                   

                  “ファッション雑誌は、イマジネーションを膨らませるため”

                   

                   

                   

                   

                  雑誌を開けば、グッチやイヴ・サンローラン、セリーヌやルイ・ヴィトンなど、超高級ブランドの掲載がやはり目立ちますよね。

                  私たちには、こういったハイブランドは、なかなか自分のライフスタイルに合わないところがあると思います。

                  先日は、1000万以上もするジャケットを掲載していました。

                   

                  そんな高価な服、誰が買うんですか?
                  お金持ちしか読んじゃいけない雑誌なんですか?
                  確かに、そう思う読者は少ないくないでしょう。

                   

                   

                   

                   

                  しかし、そんなハイコストのジャケットが買えなくても

                   

                  “知ること”はできます。

                   

                   

                  ファッション雑誌は、買い物するための手引き(=バイヤーズ・ガイド)ではありません。ディノスのような通販雑誌ではありません。
                  ですから、掲載する側も買えるか、買えないかでジャケットを選んだりはしません。

                  では、誰も買う人がいないアイテムでも、紙面に載せるのか?
                  答えは、イエスです。

                   

                  なんのために?
                  読者に知ってもらうためです。
                  こんなジャケットもある、ということを。

                   

                   


                  高いから素晴らしいのではない。

                  小誌が掲載したジャケットは、通常グラフィックをプリントするところを、スパンコールの刺繍で表現していました。

                  当然、ハンドメイドです。
                  その手間がいかに素晴らしい技術なのか、その表現がいかに贅沢なのか、
                  読者に知ってもらいたいのです。
                  それを作ったデザイナーも、きっとそう思っているはずです。

                  マニアックな話をしてすいません。


                  メゾンの営業は、「でも、売れなきゃしょうがないだろう!」 と批判するかもしれませんが、「一流を知らない者が、B級を語れるか!」ということなんですね。

                  SNSでもオシャレ風な人たちが沢山いますが、

                  SNSだと自分のライフスタイルに合ったブランドやコーディネートを検索できます。

                  それもとても便利になったと思いますし、嬉しいことでもあります。

                  ただ、自分の価値観だけで検索しているということは気付いていて欲しいです。

                   

                  チープシックとか、ドレスダウンとかは、
                  お洒落を極めた者のためにある言葉で、そうじゃなければ、ただ貧乏くさいだけです。

                   

                  簡単に SNSでファッションがチェックできるようになったのは、嬉しいことではありますが 、偏るのはよくありません。

                  ココ・シャネルの名言で

                  “歳をとった女ほど、流行の中にいなくてはいけない”という言葉があります。

                  歳が行けば好きなモノとかが大体分かってくるので、なぜか人の話を聞かず、自分でSNSをチェックしたりネットショッピングでポチッちゃったりするんですけど、何度も言いますが、何事も偏るのはよくないと思います。

                  素直でいることは、いくつになっても大切だということです。

                   

                  色んなものを見て、聞いて、それで自分のライフスタイルに合う物を買って下さい。

                  年齢が行けば行くほど、トレンドに敏感で自分にあったスタイルで挑戦していないと、老けて見えたり若作りに見えたりします。

                  これを分かっていない人が、本当に多く感じます。

                  若い人は、何を着てても可愛いのです(笑)

                   

                   

                   

                  雑誌を買わなくても、買えなくても、その価値を理解していれば、その人の価値観も変わってきます。

                   

                  物の見方、人生の楽しみ方も違ってくるのではないでしょうか。

                   

                   

                  ファッション雑誌は、そういう人のためにあるのです。

                   

                   

                   

                  友達の結婚式に着るドレスを買うために、ファッション雑誌はあるのではありません。

                   

                  どんな結婚式が素敵で、どんな結婚式がダサいか、を判断できる人になってもらうために、ファッション雑誌はあるのです。

                  偉そうですが、ファッション雑誌は、イマジネーションを膨らませ、それによって、その国の様々な分野のクリエーターを育てていくのではないかと、私は思っています。

                   

                   

                   

                  ファッション雑誌を、読みましょう!

                   

                  SNSにはない、きっと わくわくドキドキがそこにあります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   




                  remixstore.jp

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  Spring !! April !!

                  0

                    April !! Spring !! April !!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    もう、すっかり春ですね。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今年の3月は しぶとく冬だった。

                    でも その寒さが 桜の花を長持ちさせてくれるらしい。

                     

                     

                     

                    春、やっと来たね。

                     

                     

                    新しい服着て、あなたと桜を見にでかけたい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     







                    remixstore.jp

                     


                    Good morning everyone...

                    0

                      LOVE....

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      偶然のように巡り会って

                       

                      いつの間にか大事な友達になる。

                       

                      けれどそれは きっと偶然のようで、実は自分でちゃんと選んでいる。

                       

                       

                       

                       

                       

                      奇跡のようなその必然に感謝できたらいい。

                       

                       

                       

                      自分で選んだその大切な人を もっと大切に思いたいから。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       





                      remixstore.jp

                       

                       

                       


                      << | 2/66PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      profile

                      categories

                      links

                      search this site.

                      others